素敵な結婚式になるように。手作りの結婚式招待状の書き方や
婚約指輪・結婚指輪についてご説明しています。

自分にぴったりの婚約指輪。

似合わないと決め付けない

似合わないと決め付けない

自分の好みのみ優先させてしまい、似合わない婚約指輪を選んでしまう方もいれば、似合わないからという思い込みで好きなデザインの婚約指輪を諦める方もいらっしゃるかもしれません。確かに好みと似合う婚約指輪は必ずしも一致するとは限りません。しかし、好きなデザインなのに、似合わないと思いこんで諦めてしまうのはもったいないと思いませんか?

私の友人達には、とにかくいろんな指輪を試すこと!はめてみないとわからないでしょう?と言っています。例え指が太くても、短くても、それをカバーできるデザインは必ずあるのです。

指・手のタイプ別・婚約指輪を選ぶ際のアドバイス

大きい手、長い指のタイプ
大きい手や長い指は、比較的どんなデザインでもキレイに見える指です。強いて言えば、幅がやや太め、ボリュームがある華やかなタイプの婚約指輪だと、バランス良く、指先を美しく演出してくれるベストな相性だと言えます。逆に、細く華奢だったり、控えめなデザインは、指輪が貧弱に見えてしまうので避けた方が良いかと思います。もし、細く華奢な婚約指輪が欲しい場合は、結婚指輪との重ね付けでボリューム感を出しましょう。

小さい手、短い指のタイプ
短い指は、V字やU字ラインのデザインを選び、指の付け根の位置(重心)をずらすことで、長い指に見せましょう。同じようにウェーブラインも、指輪の流れに強弱が生まれ、動きがでてくるので、長さをカモフラージュできると思います。逆に、アームのラインがストレートで、ボリュームのあるものは指を余計に短く見せますので、注意しましょう。

太い指のタイプ
太い指は、細いアームを選んでしまうと、それと比較されることで余計に指の太さが目立ってしまいます。ですので、ノーマルからやや太めのアームを選ぶと良いでしょう。しかもV字、U字、ウェーブなど、変化のあるデザインの方が動きがでるので軽く見えると思います。婚約指輪では難しいかもしれませんが、スパイラルのようなデザインなら、細いラインの流れがスッキリとした雰囲気を作り出してくれます。避けた方がいいデザインは、太くてボリュームのあるもの、極端に細いデザインです。

しかし、太くても、アームに透かし模様などが入っていたら、指輪に軽さが出るので大丈夫かもしれません。婚約指輪と結婚指輪の重ね着けをしたときも、ぴったりとアームが重なるものよりも少し隙間のある方が良いと思います。

長くて細い指のタイプ
指輪を選ばないと思われがちな細い指ですが、単純に細く華奢な指輪を選んでしまうと貧弱に見えてしまうこともあるので注意しましょう。だからといってボリュームのあるものでは指が負けてしまいますので、選ぶポイントは「繊細なイメージ」のある指輪ということになります。

単なる押し出しの強い迫力のあるデザインではなく、多少ボリュームがあっても繊細なイメージのデザインが良いです。フラワーやハートなどの甘いモチーフもきっと似合うはずですよ。

節太い指のタイプ
シンプルなものより、節部分に直接視線が行きにくい、変化のあるデザインの方が、節の太さやゴツゴツ感をカモフラージュしてくれます。メレや、パヴェダイヤで変化を加えたものも良いと思います。また、節の太さで指輪のサイズが決定するため、指の根元はゆるくて回転してしまうこともあります。そんな節太い指の場合は、正面が決まっていないデザインや、ダイヤが一周しているエタニティリングのようなものなら気にならなくて済むと思います。

指に合うデザインはトータルバランスが成功の秘けつ

指の形や大きさに合う指輪のデザインを挙げてみましたが、これはあくまでも参考程度に留めてください。指の形もコンプレックスではなく素敵な個性なのです。私はその人が持っている雰囲気や、個性がとても大切だと思っています。指が小さな女性でも、その方がとても個性的なら、ガツンとインパクトのあるデザインが似合ってしまうこともあったりするのです。だからこそ先入観にとらわれず、とにかくいろいろな指輪を試してください。

また、プロの客観的なアドバイスも大変参考になりますので、ショップの店員さんが、トータルな目線でアドバイスできるように、自分の雰囲気やどんな服装なのかわかるよう、普段の服装でショップには行って欲しいですね。
最終的にその指輪が似合っているかどうかは、全体のバランスが決めます。婚約指輪を試着する際は、必ず全身が映る鏡で確認する事を忘れないでください。

recommend

京都婚|下鴨神社などでの挙式・結婚式に必要なセットが198,000円
http://www.kyotojinjakon.jp/

Last update:2015/8/12